山持鯛が入荷しました!

08-9-8yamamochidai.jpg

山持鯛(しぶ鯛)が美味しい季節になりました\(^O^)/

お刺身はもちろん、あら炊き、または当店自慢の「骨蒸し」にしても美味しいですよ。

是非ご賞味ください\(^O^)/

大明竹入荷しました。

筍の美味しい季節になりました。
鹿児島では、この大明竹をよく食べます。
他の筍と違いアクがほとんどないので、当店ではホイル焼きにしてお出ししています。
甘くて美味しいですよぉ(*^^)v

090708daimyou.jpg

キビナゴが旬です!

kibinago-35.jpg

キビナゴの美味しい季節になりました!

お刺身はもちろん、炭火焼きや、唐揚げも。

脂が乗って美味しいですよ!

旬のキビナゴを是非ご賞味ください\(^O^)/

味わいぶらり旅

01.jpg

RKB毎日放送の「味わいぶらり旅」に当店を取材していただきました。

放送日時は下記のとおりです。(九州限定です)

RKB毎日放送

3月1日(日曜日)午前10:15~

番組名「味わいぶらり旅

ナビゲーターは歌手の「真木ことみ」さん。

とっても綺麗な女性で緊張してしまいましたが、是非ごらんください!\(^O^)/

旭かに

 

09-1-20asahigani.jpg

 

旭かにが入荷しました!タラバやズワイと比べると、ずんぐりしていて不格好ですが、

甲羅の中には身がギッシリ詰まっていて美味しいですよ!

是非ご賞味ください。

平目がウマイ!

09-1-20hirame01.jpg

 

本日は平目(ヒラメ)を仕入れました\(^O^)/

ちょうど3kgの平目です。

最近鹿児島では平目がたくさん揚がります。

まさに今が旬!です。

丸々と太って美味しそうですよぉ!

ピチピチの身をきれいにさばくと・・・

 

 

09-1-20hirame02.jpg

 

こんな姿になっちゃいました(>_<)

この骨を薄口でサッと煮ると、また美味しいんですよ(^^)

初雪!

09-1-11sakurajima.jpg

新年あけましておめでとうございます。

寒い日がつづきますね。

鹿児島でも雪が降り、桜島もうっすら雪化粧しています。

寒いのは苦手ですが、魚が美味しい季節なので冬は大好きです!

今年も一年、お客さまに鹿児島の旬の美味を楽しんでいただけるよう頑張ります。

本年もよろしくお願いいたします。

忘年会・新年会のお知らせ

 

08-11-17bounenkai.jpg

 

 

そろそろ忘年会のシーズンになってきましたね!

当店も続々とご予約をいただいておりますm(__)m

写真は今年の忘・新年会コースの、4,000円料理コースになります。

品数は全11品。プラス1,000円で生ビール1杯(瓶ビール1本)と焼酎&ソフトドリンク類は飲み放題になります!

コース料理は3,500円(全9品)から。

また、ご予約の際に「ホームページの忘・新年会記事をみて」と言っていただければ、

月~木と祝日のご予約に限り、各コースお一人様500円引きとさせていただきます!

日曜日もご予約をいただければ営業&上記クーポンもお使いいただけます♪

鹿児島の旬の美味しさを味わいながら、「今年もおつかれさま~っ!」とみなさんでワイワイ楽しんでください♪\(^O^)/

池の露 黒麹

08-9-28ikenotsuyu-kuro.jpg

今回は、僕のイチオシの焼酎「池の露」シリーズの黒麹の紹介です。
裏ラベルに記してある紹介文です。

明治創業から昭和五十五年まで続いた芋焼酎の製造を二十六年振りに復活しました。
大事に保存してきた当時の甕と甑(米蒸し器)で造った昔ながらの手造り
(全仕込み、手麹)焼酎です。
芋本来の甘みと骨太で風味豊かな「池の露」を天草の美しい風景を思い浮かべながら
ご賞味いただけたら幸いです。

芋焼酎本来の甘み、風味、骨太な味わい、豊かな余韻・・・
ロックでも、水割りでも、お湯割りでも、とても美味しくお楽しみいただけます。
ちなみに、このラベルの風景は、天草酒造さんから見える風景だそうです。
いいですねぇ。こんな風景の中で飲みたいなぁ・・・
・・・と、池の露を飲みながらこの文章を書いています^_^;
幸せです(^^)

秋太郎

08-10-27akitaro.jpg

鹿児島の秋の旬味、秋太郎。
「あれ?これバショウカジキじゃないの?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。
そうです。バショウカジキマグロなのですが、鹿児島では秋に捕れるので秋太郎と呼ばれています。
ちなみにバショウカジキの意味を調べてみたら、漢字では
芭蕉梶木」。「芭蕉」はバショウの葉のような広く大きい背ビレ、「梶木」は「梶木通」の略とされる。
すなわち舵をとる木や船の底になる木(梶木)をも貫くと言う意味。

らしいです。
写真は魚市場の競り場の風景で、すでに切られていますが本来はヤリのような長いツノがあります。
身質は淡泊で好き嫌いが分かれると思いますが、腹先は脂が乗ってて美味しいですよ。
お刺身でどうぞ!